10,000円(税別)以上 のご注文で 送料無料!
  • 商品検索
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
休1
:定休日

純米無濾過原酒 生詰瓶火入れ 大洋盛 720ml

【 蔵出し直売限定酒 】純米酒の旨味をそのままに…
(無濾過原酒 生詰瓶火入れ)
数量限定
1347
純米無濾過原酒 生詰瓶火入れ 大洋盛 720ml
在庫:あり
\1,500(税別)

商品特徴
搾りたての純米酒をそのまま無濾過原酒で生詰し、その上で瓶ごと火入れする「生詰瓶火入れ」を施しました。新酒や生酒とは趣の異なる、まろやかな旨味がそのまま詰まっています。

日本酒は出荷までに通常2回「火入れ」という加熱処理を施します。上槽後貯蔵前に1回、瓶詰め時に1回行います。これは酒成分中の酵素や酵母を不活性化し香味を安定させることと、加熱殺菌をすることが目的です。現在、一部の高級酒を除いて蛇菅、熱交換器を使用し火入れを行うことが通常です。
その熱効率は高いのですが、お酒が熱酒のまま空気と触れ合ってしまい少なからず香味を損失してしまうことや、温度変化が急過ぎて酒質劣化の恐れがあることが欠点です。

当製品の瓶火入れとは、古くから行われている手法で、加熱によって熱酒となっても香味成分は瓶内に閉じ込めてありますので、お酒本来の香味を損なわず熟成させることができる優れもの。ただ欠点は手間がかかり、熱効率が非常に低いこと。手間を惜しまず酒に寄り添い仕上げました。

半切り桶に酒を並べ、液温67度を目標に冷水から掛け流しで湯煎します。いきなり熱湯に浸したり、温度上昇が急過ぎると酒質が悪くなるだけでなく、瓶も割れて日本酒風呂に…。67度になったら3分ほど待ち、冷水を加えながら少しずつ冷却します。

原料米    五百万石等(新潟県産米100%)
精米歩合   60%
アルコール分 17度
日本酒度   +3
酸度     1.3

<飲み頃>
ロック○ 冷酒◎ 常温◎ ぬる燗△ 熱燗×
内容量
720ml