無想の意味は無限の想い…。愚生、無想が誕生する以前から己との葛藤を続けていました。繰り返す原理探究な問答。「何のために酒を醸しているのか」、「人は酒に何を求めているのか」、「どんな酒を造るべきなのか」。

 ある晩、晩酌しながら大好きな飲酒詩選を何気なく読み漁っていたところ、ふと目に飛び込んだのが詩聖杜甫による「一酌散千憂」の句でした。それは、“一杯で千の憂いも散る” という意。まさに酒は明日への活力であると謳われた句と知りました。言わずもがな、この句は当時の悩みと迷い一切を一瞬にして吹き飛ばしてくれ、以来「酒はかくあるべし」と研鑽の時を過ごしています。これが無想の原点です。

 人が古来より酒を嗜んできたのは歴史において明か。それは酒が本質的に人々の生活に不可欠な潤滑油として存在し、また多くの喜びを持たらす自然からの宝であったからこそ。しかし、娯楽が増えた現代社会において酒は必需品でなくなりつつあります。酒は無くても困らないし生きていける…こんな時世だからこそ、古より語り継がれる酔いの美学とともに拙作無想に込めた想いを一人でも多くの方に共感し、お飲みいただきたい。そして皆様のGoodtimes Supreme(至福の時)と笑顔の傍らに無想が寄り添うことを願うばかりです。

杜氏 平田州

無想 しぼりたて -冬- 辛口純米 生原酒

無想 しぼりたて
- 冬 -
辛口純米
生原酒

無想 厳雪 -新春- 辛口純米吟醸 直汲生原酒

無想 厳雪
- 新春 -
辛口純米吟醸
直汲生原酒

無想 散憂 -春- 辛口純米吟醸 おりがらみ生原酒

無想 散憂
- 春 -
辛口純米吟醸
おりがらみ生原酒

無想 心静 -夏- 辛口純米吟醸 生原酒

無想 心静
- 夏 -
辛口純米吟醸
生原酒

無想 守拙 -秋- 辛口純米吟醸 生詰原酒

無想 守拙
- 秋 -
辛口純米吟醸
生詰原酒

特約店限定
当製品は特約店限定酒であり、当蔵ではご予約等を含め販売は承っておりません。
お買い上げ・ご注文等は下記特約店様までお問い合わせをお願いいたします。
銘酒の裕多加〒001-0025 
北海道 札幌市北区北25条西15-4-13
☎ 011-716-5174
松澤酒店〒950-0904 
新潟県 新潟市中央区水島町7-21
☎ 025-244-7538
(資)田村酒店〒958-0843 
新潟県 村上市上町1-31
☎ 0254-53-3048
(株)酒のかどや〒958-0867 
新潟県 村上市大欠3-1
☎ 0254-53-4002
加藤八十助酒店〒958-0871 
新潟県 村上市久保多町1-8
☎ 0254-52-2989
(有)星野商店〒959-0119 
新潟県 燕市分水大武3-1-4
☎ 0256-97-2020
いずみや 〒273-0122 
千葉県 鎌ヶ谷市東初富4-5-31
☎ 0474-43-4503
かき沼〒123-0872 
東京都 足立区江北5-12-12
☎ 03-3899-3520
かがた屋酒店〒142-0062 
東京都 品川区小山5-19-15
☎ 03-3781-7005
三ツ矢酒店〒167-0053 
東京都 杉並区西荻南2-28-15
☎ 03-3334-7447
升新商店〒171-0014 
東京都 豊島区池袋2-23-2
☎ 03-3971-2704
さかや栗原〒194-0045 
東京都 町田市南成瀬1-4-6
☎ 042-727-2655
小山商店〒206-0011 
東京都 多摩市関戸5-15-17
☎ 042-375-7026
込山仲次郎商店〒244-0002 
神奈川県 横浜市戸塚区矢部町39-1
☎ 045-864-8467
酒舗よこぜき〒418-0057 
静岡県 富士宮市朝日町1-19
☎ 0544-27-5102
酒泉洞 堀一〒451-0053 
愛知県 名古屋市西区枇杷島3-19-22
☎ 052-531-0290